FC2ブログ

「サリー・ハリントン」シリーズとローラ・V・ウォーマー

 女の幸せって何?

「スキャンダル」「ラストラヴァー」(集英社文庫)
 才能もあって、やる気もあるのに仕事に恵まれない。その上、男運も今ひとつ……そんなアラサー・ヒロインが大活躍役する作品です。
 ヒロインはカリフォルニアで活躍した雑誌編集者だったが、仕事の疲れや手痛い失恋、母親の病気が重なり故郷に帰ってきた。現在はコネティカット州の地方新聞社に勤めているが、上司とそりが合わず思うような仕事をさせてもらえない。
 そんなヒロインがひょんなことから大手雑誌社の編集長と知り会い、テレビ業界の大物のインタビュー記事を任される。取材先のNYでは出版社のイケメン編集長と出会い、腐れ縁だったボーフレンドと別れて、仕事と並行して情熱的な恋に溺れていく。
 一方、故郷で死体を発見したことをきっかけに、21年前に亡くなった父親の死にまつわる真実が発覚していく。
 ヒロインは才能を見出され、コネティカット州の地元紙記者兼テレビ・レポーターとなった。が、仕事も恋も相変わらず思うようにいっていない。レポーターの仕事は直属の上司が邪魔をするし、あんな情熱的だった恋人との仲は既にマンネリ気味だ。
 今回は恋人の出版した本の完成祝いパーティーで、ハリウッドにやって来た。新進気鋭の女優と知り合ったことで恋人との関係が壊れ、ヒロインの心はズタボロだった。その上、女優と恋人が同じ時期に行方不明となり、マフィアの抗争に巻き込まれてしまう。独自の人脈と取材能力を総動員し、ヒロインは騒動を追っていく。
 ヒロインはやればできる子なのですが、どうにも好きになった男に足を引っ張られるタイプです。高校時代からの腐れ縁だったボーイフレンド、新恋人の編集長。どちらも悪い男じゃないけれど、ヒロイン一筋でもない(⇒編集長に至っては……1度に何人も愛せるってタイプなのでしょうね。こいつのせいで被害を被ったのに、まさか元カノに戻るとは……)。
 男抜きで仕事をバリバリこなすのは寂しいけれど、男に悩まされるのも鬱陶しい……「恋も仕事もバランス良く」が理想だけれど、そうなるためには自分自身が成長しなければいけないってことなのかしら!?と思わずにはいられません。
 そんなヒロインが活躍するシリーズですが、本国アメリカでは第6弾まであるようで~大人の事情があるのか、日本ではこの2作品しか出版されておりません。ヒロインの成長ぶりや恋の行方など、知りたいことは山ほどあるのですが……私の英語力では原書を読むのは到底無理でしょう。
(*集英社さんでも今後の出版予定はないのでしょうか? でも、あったらとっくに出版しているだろうなぁ~)

170313_214821.jpg

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)