FC2ブログ

「ブラックメイル」とペニー・ジョーダン

 キターーーーー!

「ブラックメイル」
 上から目線のヒーローは多いけれど、さすがはペニー・ジョーダン。暴走ぶりが半端じゃないぜ!
 オーストラリアのぶどう園で修業を積んだ22歳のヒロインは、イギリスの高級スーパーマーケットに就職し、ワイン販売部門で才能を発揮している。
 今回は上司と共にフランスのシャトーへと、買い付け交渉に来ている。アメリカ人の婚約者は男の上司との出張に良い顔をしなかった。その上、仕事を辞めろと言い出す始末だった。
 美しいシャトーに到着すると、思わぬ人物がヒロインを待っていた。6年前、淡い恋心を抱いたヒーロー。彼がこのシャトーの主で、今回の買い付けの交渉相手だった。
 ヒーローとヒロインの母親、そしてヒーロー叔母(ヒロインの名付け親)が友人同士という関係で、ヒロインはヒーローとひと夏を共に過ごした仲だった。そして、その時に友人の策略にはまり、ヒロイン名義の卑猥な手紙(*電子メールじゃないよ、手紙だよん!)がヒーローに渡ってしまったのだった。
 ヒロインは6年前の手紙を元に脅され、隣に住む未亡人を避けるにはこの手しかないと、ヒーローに契約結婚を迫られる。全く自分に否はないがヒロインの訴えは、今回もヒーローには伝わらなかった。
 そして、2人の結婚が単なる上辺だけのものではなくなる出来事が起きてしまう。
 相変わらず中2病のヒーローが己の恋の成就のために、ヒロインを滅多打ちにしていきます(⇒ヒーローに思いを寄せていたヒロインは始終耐えています。凄い根性だよ)。
 2人の出会いはヒーロー25歳、ヒロイン16歳。禁断の恋にブレーキをかけられないヒーローは、ヒロインを責めることで自分の思いを封じ込めました。それが、ヒロイン友人が書いた卑猥な手紙を、ヒロイン自身が書いたと思い込むこと。
 そして、全てが自分の勘違いだと知ると、今度はヒロインに逆ギレする……ここまで来るとくると読んでいてイライラするというより、あまりにもお子ちゃまな言動に呆れかえってしまいました(⇒イライラの向こう側に行ってしまったよ)。
 恋のライバルたち(⇒手紙を書いたヒロイン友人も、どうやらヒーローが好きだったみたいです)は笑っちゃうくらい意地悪だし、やたらと登場人物は多いし~中盤はしっちゃかめっちゃかの大騒動な内容になっています。
 やはりペニー作品は他の作家さんが追随できない、超暴走級ヒーローを楽しむことができますね~♪


ブラックメイル

ブラックメイル

[著]ペニー・ジョーダン [翻訳]中原もえ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)