FC2ブログ

レイシー3姉妹の物語とキム・ローレンス

トン吉、 チン平、カン太 by「ひみつのアッコちゃん」

「罪深いほどに」「火遊びは終わり」「背徳の天使」
 我が家の玄関上にある巣に、ツバメが戻ってきて1か月が経ったでしょうか。先々週、小さな卵の殻が落ちていたと思ったら、可愛い赤ちゃんツバメの姿が3羽確認できました。
 今回紹介するのは容姿が余りにていない3つ子の物語です。
 「罪~」では医師ヒーローと元バレリーナのマッサージ師ヒロイン(長女)。「火遊び~」では人気俳優ヒーローと医師ヒロイン(次女)。そして、「背徳~」では社長ヒーローとモデルで女優のヒロイン(三女)が登場します。
 本来ならば1作品ずつ紹介するのですが……「どうして後追いしてしまったのか?」と後悔するようなボンクラ作品だったので、3作品をまとめてみました。
 長女は怪我によって輝かしい未来を打ち砕かれても、次女は過去の恋愛での過ちで身も心も傷ついても、三女は友人のたっての頼みでスキャンダルの的になっても、自分の強い意志で道を切り開こうと頑張っています。
 そんな3姉妹に各々ヒーローが茶々を入れて、すったもんだの大騒動が起き~ヒロインと壮絶なバトルを繰り広げていきます。キム・ローレンスお得意の丁々発止の口喧嘩が続くのですが、今回の3作品ではやや過剰気味かと思いました(⇒お願いだから1人くらい穏やかな性格にしてくれよ!)。
 ヒーローの暴走も作品を重ねるごとに加速して、「背徳~」に至っては理解不能な言動が連発します(⇒ヒーローの年齢が40歳という設定なのに、中2レベルなんだもの)。
 姉妹の絆を描こうとしたから3つ子の設定なのだと思っていたのですが、そんなに深い挿話はありませんでした。なので、容姿が似ていないのならば、3姉妹でも良かったんじゃないのか!? なぁんて、余計なことを考えてしまいました。
 あえてどの作品が1番好みかと聞かれたら……う~ん、次女かな?

罪深いほどに

罪深いほどに

[著]キム・ローレンス [翻訳]萩原ちさと



火遊びは終わり

火遊びは終わり

[著]キム・ローレンス [翻訳]萩原ちさと



背徳の天使

背徳の天使

[著]キム・ローレンス [翻訳]萩原ちさと

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)