FC2ブログ

「サンレモ、運命の街」とミシェル・リード

 麻央ちゃんは天使のような人だと思う(*女優:板谷由夏さんの悼む声より)。

「サンレモ、運命の街」
 まさかの訃報に心が痛いです。小林麻央さん、34歳。やりたいことも沢山あったでしょう、可愛い子供達の成長も見守りたい、愛する夫とも添い遂げたい……幸せがいっぱい詰まった人生の途中、独りぼっちで旅立たなければいけないとは、さぞかし無念だったと思います。テレビ画面を通して見る麻央さんの姿はいつもキラキラ輝いて、周囲を明るく照らす太陽のようでした。きっとこれからも皆の心の中に生き続け、輝いていくことでしょう。心からご冥福をお祈りいたします。
 今回は7月1日刊ハーレクイン文庫で復刻される作品です。6年前、ヒロインの姉はモデルで、イタリア人実業家のヒーローと恋仲になるも関係は続かなかった。その後、妊娠に気付いたヒロイン姉は中絶を迫るヒーローを無視し、女の子を出産する。
 やがてモデルに復帰した姉をサポートするため、ヒロインはナニーの仕事を辞め、姪の育児に専念してきた。しかし、悲劇が起こる。姉が事故でこの世を去り、ヒロインは姪と2人きりになってしまった。
 そして、何故か自分の子供を拒否したはずのヒーローが、突然娘を引き取りたいと連絡してきたのだ。その時の脅しのようなヒーローの言葉に怯えながら、この1年間は姪を連れてヒーローから逃げている状況だった。
 今、ヒロインと姪はヒーローの生まれ故郷イタリア・サンレモにいる。ヒーローがロンドンで取引があると知り、裏をかいたのだ。しかし、ある日の午後。ビーチからの帰りに思わぬ人物と出会ってしまうのだった。
 ヒーローとヒロイン姉との話が食い違い、シークレットベイビー物になってしまったこの作品。既にヒロイン姉は亡くなっているので、誰の言葉が真実なのかわからず仕舞いです(⇒多分、ヒーローの言い分があっているとは思いますが、その心の内は詳しく記されていないので、姉が嘘をついたとも断言できないような感じです。)。
 ヒーローとヒロインは互いに魅かれ合い、紆余曲折あって最後に結ばれます。ハッピーエンドですが、私には「噛ませ犬」的な姉の存在が気の毒でなりませんでした。
 これも《ハーレクインあるある》ですよね。主人公であるヒーローとヒロインが幸せならば、他の登場人物が粗末に扱われようが関係ないっていう設定や展開。でも、たとえ小説でもヒロイン姉を無下に扱うのは悲しいような……麻央さんの訃報もあって、余計にそう思えてしまいました(*命って大切だもの。あれあれ、みつをっぽいぞ)

サンレモ、運命の街

サンレモ、運命の街

[著]ミシェル・リード [翻訳]山ノ内文枝


*邦題がお洒落で素敵ですよね♪
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)