FC2ブログ

「あなたの腕に帰りたい」とサラ・オーウィグ

 やはり身内はわかるもの。記憶喪失のヒロインPART3

「あなたの腕に帰りたい」
 今年の夏は猛暑の予定だったはずですが、天候も今ひとつで涼しい毎日が続いています。それでも何となく夏バテ気味の私は、上野のパンダ赤ちゃんの映像で日々の疲れを癒しています(*名前募集に322,581件! その中に私が応募した名前《リァンリァン》~亮亮、ピカピカ、キラキラとかいう表現の時に使う~も入っています⇒勢いでネット応募しちゃいました♪)。
 今回の作品で記憶喪失のヒロインはいったん終了です。ヒーローは軍隊時代の友人(大富豪の息子)から、中南米で墜落した小型飛行機の捜索を依頼される。搭乗していたのは友人の双子の姉妹と、双子姉の娘2人だった。
 墜落する前の機内では双子の妹(=ヒロイン)が、姉の子供たちを甲斐甲斐しく世話していた。どうやら姉はボディーガードと浮気をしているらしく、子供たちにはそっぽを向いている。結婚しながらお互いに平気で浮気する、姉夫婦の関係は真面目な妹には不可解だった。
 すると、いきなり飛行機が嵐雲に囲まれ、爆発したような轟音が鳴り響いた。雷が飛行機に直撃し、そのまま墜落してしまったのだ。ヒロインが目を開けた時、コックピットはパイロット共に消えていた。姉をボディーガードに託し、ヒロインは命からがら子供たちと一緒に機内から脱出した。その直後、飛行機は爆発した。そして、後頭部に衝撃を受けたヒロインは気を失ってしまったのだった。
 ヒーローが現場に駆けつけると、そこにはパイロットと1人の女性の遺体が残っているだけだった。双子の片割れも、子供たちの姿はどこにもなかった。遺体を確認すると装飾品を一切身に着けていない。預かった写真を見ると派手な身なりの姉と、シンプルで地味な身なりの妹の姿があった。
 遺体では化粧や髪形などでは判断できず、装飾品の有無だけで判断するなら姉の方だろう。そう目星をつけたヒーローは双子姉と子供たちを探し始めた。そして、怪我を負いながらも子供たちとサバイバルを続けるヒロインを発見する。だが、彼女は記憶を失っていて自分が誰かわからなかった。子供たちも気持ちが不安定で、ヒロインを母と呼んだり叔母と呼んだりしている。 
 危険な状態から力を合わせて逃げ出した2人は、互いに魅かれあっていることを知る。しかし、ヒロインが既婚者である姉だとすれば、抱き始めた思いは捨て去らなければならない。もしも妹ならば、その先には幸せがあるかもしれない……
 奔放な小悪魔系あばずれ姉と臆病なウサギ系おとなしい妹って、実の兄が妹たちをそう評価するなんて凄い。身に着けていたペンダントで姉と思い込むヒーロー……あれ? どこかで読んだような~サンドラ・ブラウン的な展開に懐かしさを覚えました。
 飛行機墜落後のサバイバルはちょっとしかありません。でも、想像するだけでも怖いようなゲリラ攻撃を目の当たりにして、無事に保護される登場人物たち(プラス一人)。
 読者には最初から双子のどちらかわかっていますが、焦らし時間が必要なので~姉夫の訳の分からん行動や、ヒーローのジレンマなど、小ネタが用意されています(⇒双子姉の死があまり悲しそうに描かれていないのが、なんだかなぁ~ですね*これもハーレクインあるあるですよね)。
 サスペンス少な目でラブが多めに仕上がっている作品でした。

あなたの腕に帰りたい

あなたの腕に帰りたい

[著]サラ・オーウィグ [翻訳]星真由美

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)