FC2ブログ

「聖母の住む島」とナタリー・フォックス

 夏が来るから海に行こうよ~♪(by YUI)

「聖母の住む島」
 残暑お見舞い申し上げます。まだまだ暑い日が続きますが、今年も何もなく私の夏が終わりを告げています。気分だけでも夏を感じようと、録画していたTBS「世界さまぁリゾート」を視聴。その結果、余計にどこかに行きたくなってしまいました(⇒逆効果だったわ)。
 今回の作品の舞台はカリブ海にある高級リゾ-トホテルです(*なんとなく夏気分♪)
 夫と死別したヒロインはまだ幼い娘を抱え、この地にたどり着いた。仕事は心を閉ざした5歳になる男の子のベビーシッターだ。どんな事情があったのか知らないが、両親と離れ離れの男の子を、我が子と同じように扱い暮らしている。
 ある日、いつもように桟橋に船が到着し、ホテルの宿泊客がやって来た。すると、突然一人の宿泊客男性を見た男の子が悲鳴を上げ、逃げ出してしまった。実はその男性は男の子の父親(=ヒーロー)だったのだ。
 ヒーローは息子とのコミュニケーションがうまく取れず、ヒロインを介して息子の心を開こうと奔走する。そして、互いの子供たちを交えて疑似家族のような暮らしを始めることに……
 ヒーロー&ヒロイン共に結婚生活が破たんし始めた頃に死別してしまうので、後悔ばかりが先に立ち次の段階へと進めない状態でいます(⇒死別って相手の良い面しか覚えていないイメージだったのに、ちょっと考え方が変わりました)。特にヒーローの方が自分のことでいっぱいいっぱいで、息子にまで手が回らないという感じ。それなのに途中まではヒロインに偉そうなことを言ったりして、ちょっと格好悪い印象を受けました(*いわゆるハーレクインヒーローにありがちな勘違いで、やたらと威張り散らしています⇒一皮むけば良い奴ですが)。
 後半にヒーロー息子が巻き込まれるトラブルが発生したり、ヒーローの契約的婚約者の横やりが入ったり~大盛り上がりな展開が用意されていた割には、地味な内容の作品だったというのが読後の感想です(*トラブルよりも登場人物の心情に寄り添った方が良かったのでは!?)。
 ヒーロー&ヒロインの子供たちが可愛いかったですよ♪

聖母の住む島

聖母の住む島

[著]ナタリー・フォックス [翻訳]金関ふき子


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)