FC2ブログ

「完璧な結婚」とエマ・ダーシー

 完璧なアウト

「完璧な結婚」
 40歳の誕生日に引退宣言をした安室ちゃん。彼女よりもうんと年上の私は未だ志半ばで、必死にもがいています。何はともあれラストの2018年9月16日まで、有終の美を飾るためにも頑張っていただきたいです。
 今回の作品は大恋愛の末に結ばれた夫婦でも、結婚すると男女としての関係は冷めてしまうのか⁉ 問題を提議したような内容になっています……設定とか結末はしっかりハーレクインだけどね。
 ハンサムで裕福なヒーローとの間に可愛い3人の子供をもうけたヒロインは、幸せな人生を歩んでいるように見えた。しかし、最近どうも夫の様子がおかしくて、何やら不安の虫が騒ぎ始めている。
 ヒーローは2度目の結婚生活に理想の姿を押し付け、ヒロインを完璧な妻、完璧な母親にしようとしている節がある。ヒロインは両親が年を取ってから生まれた大事な1人娘で、古臭い習慣や分別を教わり育ってきた。そのためヒーローの望むような貞淑な妻、母親にはなれたが、女としての幸せはどこか置き去りにされているように感じていた。
 そんな夫婦の隙間に入り込んできたのが、ヒーローの秘書だった。若くて魅力的、しかも出産経験のない完璧なスタイルを持つ美人秘書は、上司であるヒーローとの情事を期待しているような雰囲気があった。そして、妻も子供もいる身のヒーローも秘書のことを好ましく感じているようだ。
 万が一、ここで2人の不倫を食い止めなければ、ヒーローとの結婚生活は呆気なく破たんしてしまうだろう。ヒロインは捨て身でヒーローの海外出張に同行し、なんとか夫の気持ちを取り戻そうと策を練った。
 結論から言うと浮気の波に乗りかけたヒーローは既にアウトです。家庭を壊すつもりはないと言っていましたが、考えていること、やっていること全てアウト!(*ヒロインの必死の努力を理解しようとしない。そういう心ない態度がアウトなのよ。)
 誘いをかける秘書に責任転換している場合ではありません(⇒この秘書も腹黒だって判明したけれど、それでもヒーローの態度は上司という立場を超えているぞ)。
 後半でヒロインが反撃に回りますが、やはりハーレクイン。結局、手ぬるい感じで許してしまいます。もう少しお灸を据えてヒーローには痛い目にあって欲しかったというのが個人的な意見です(⇒それと最後のヒーローの語りの部分にいたっては~自分の行為を棚に上げて、しみじみ語ってるんじゃねえ! とツッコミたくなりました)。
 
完璧な結婚

完璧な結婚

[著]エマ・ダーシー [翻訳]山本瑠美子

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)