FC2ブログ

「裏切りの結末}とミシェル・リード

 あぁ、月日が経つのが早すぎる。

「裏切りの結末」
 気づけば12月に突入し、今年もあと少し。お歳暮を贈り、年賀状を用意し(⇒プリンターの調子が悪くて、印刷済みの品を初めて購入しました)……年々、月日が経つのが早く感じるのは、私が年を取ったという証拠でしょうか。
 今回は結婚して7年の夫婦に訪れた危機を描いた作品です。
 ある夜、ヒロインは友人からの電話で人生のどん底へと突き落とされた。夫であるヒーローが浮気をしているという。ヒロインは今までの人生全てが覆されたような気分だった。
 ヒロインが17歳、ヒーローが24歳の時に出会い恋に落ちた。若すぎるヒロインの将来を思い、一時は別れを決意したヒーロー。だが、予想外の妊娠で2人は結婚し、子供も3人生まれた。ヒーローも仕事で成功をおさめ、今では急成長を遂げる会社の社長だ。全てが順調で幸せな人生を歩んでいるはずの2人だが、現実には小さなズレが生じ始めていた。
 家事と子育てに忙しいヒロインの姿を見て、ヒーローは会社が窮地に立たされるも仕事を家庭に持ち込みたくなったという。ヒーローは別の女性に救いを求め、いつしかその関係が深くなっていったらしい。
 しかし、その関係も既に終わりを迎え、ヒーローはヒロインに許しを請う。もちろん、終わったと聞かされても納得できないヒロインは、今までの自分の生き方全てに疑問を抱き始めていた。
 若くして母となったヒロインが夫の浮気疑惑で、自分自身の人生を見つめ直す成長記でもあります。「愛する夫と可愛い子供がいれば、私は幸せ」という概念も、夫が他の女を相手にした時点で価値が失われてしまうのは当然のこと。ヒロインは糸が切れた凧のように、意味不明な言動を巻き起こします(⇒これは仕方がない)。
 ヒーローは自分の仕事の話は妻であるヒロインに一切しないくせに、もっと俺のことを理解して欲しかったと要求するような男です(⇒ヒーローの会社はヒロインが思っていたよりも、ずっと大きかったらしい。それと、会社の部下たちは社長が既婚者で、子供までいると知らなかった……これって浮気し放題の状況じゃないの!?)。
 浮気疑惑は結局のところ子供騙しみたいな結末で、肩透かしされたような感じがしましたが~癒しが欲しけりゃ妻に求めろ!と、声を大にして言いたかった。
 途中、ヒーローは信じがたい暴言まで吐き、ヒロインだけでなく読んでいる私も驚愕させられました。しかも、ヒーローの暴言の理由が欲求不満って……あぁ、まったくもって意味不明です!(⇒そのせいで子沢山家族になったんだろうが! このホルモン馬鹿が! 矛盾した要求が多すぎて、ヒーローが何を求めているのかわかりませんでしたよ。)
 ヒロインはちょっぴりお灸をすえて満足したようですが、私は成敗してやりたいくらいでした。

裏切りの結末

裏切りの結末

[著]ミシェル・リード [翻訳]高田真紗子

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)