FC2ブログ

「エンジェル・スマイル」とシャロン・ケンドリック

 171210_091852.jpg

 理解に苦しむヒロイン多数発生中!

「エンジェル・スマイル」
 先日、三島市にある佐野美術館に行ってきました。お目当ては大好きな萩尾望都先生の原画展。SF作品がメインなので馴染み深い作品が少なかったのですが、漫画原稿や懐かしの少年チャンピオン、週刊少女コミックなど、表紙だけでも見ることができて大興奮しました。   
 お昼ご飯を食べた後、故三国連太郎さんが通ったというカフェで(⇒何も知らず入ったら、何やら見覚えのある店内で……TBS「ぴったんこカンカン」で紹介されていたのを、以前に見ていたので驚きでした)、三国さんが好んで食べたというチーズケーキをいただきました♪ 
 天使の微笑みかと思いきや、ヒロインの名前がエンジェル(*アンジェリカの通称)でした。夫が失踪して1年半、ヒロインは生まれ故郷のアイルランドに帰っていた。ある日、夫兄のヒーローから、弟が見つかったとの電話が入る。ヒーローは2人の結婚は絶対にうまくいかないと、最初から反対していた人物だ。話口調の様子から何か変だと察したヒロインが問い詰めると、ヒーローは弟が亡くなったと打ち明けた。そして、電話では説明できない、込み入った話があるという。
 日を改めてヒーローがヒロインを訪ねると、夫の死には多くの衝撃的事実が隠されていた――理由もわからず夫が失踪をしただけでもショックなのに、夫は愛人と一緒に交通事故で亡くなっていたのだ。その上、夫と愛人の間には男の子が生まれていた。
 受け入れられない現実を目の前に突き付けられ困惑するヒロインに、ヒーローは夫の遺児を一緒に育てて欲しいと申し出た。
 現実社会ではあまり聞きませんが、ハーレクインではよくある設定です。真面目で仕事ができる兄(あるいは弟)と自堕落で女好きな弟(兄)という両極端な兄弟がいて、最初にヒロインは自堕落と結婚もしくは交際します(⇒騙されるパターンもあるけど、お馬鹿ちゃんヒロインという印象が残ってしまいがち)。そして、自堕落が亡くなる(OR逃げる)と真面目(⇒もちろん、こちらがヒーローだから)と結ばれる……残り物には福がある的な感じでハッピーエンドを迎えますが、ヒロインと自堕落の関係が深かったり(⇒自堕落との間に子供までいて、義兄弟とも関係を持つってねぇ……兄弟姉妹で1人の相手というのが、よくあるパターンだから驚きです。いつの時代の話だ?)、次の恋愛が早かったりすると~何やら気持ちの悪い展開に見えてしまいます(⇒あっという間に鞍替えすると、計算高い人間に見えてしまう。それに、鞍替えした方が裕福だったりしたら、《見返してやった感》が強いように思えませんか?)。
 今回の作品はヒロイン夫のあり得ない行動や、ヒーローの無茶ぶりなどツッコミどころが満載でしたが(⇒生まれてきた赤ちゃんには罪がないしね)、器の大きなヒロインやヒーローの誠実な人柄に救われ、義理の兄妹という主人公2人の恋愛はすんなり受け入れられました。

エンジェル・スマイル

エンジェル・スマイル

[著]シャロン・ケンドリック [翻訳]久坂翠


*藍まりと先生のコミックが人気のようです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)