FC2ブログ

「夜を待つ恋人」とマデリン・ハーパー

 思わぬ拾い物。

「夜を待つ恋人」
 図書館で古いハーレクイン本を借りていますが、今回は思わぬ良作に出会えました。
 ニューヨークのレストランで副支配人として働くヒロインは、まだ新しい高層マンションに住んでいる。しかし、このマンションはトラブル発生が多く、今日も見知らぬ男性と共にエレベーターに閉じ込められてしまった。
 田舎育ちのヒロインは開けっぴろげで社交的な性格ゆえ(⇒マンションの寮母という愛称あり)、嫌そうな顔をしている男性相手につい余分な話をしてしまった。聞けばこの男性はヒロインの隣の部屋に越してきたそうだが、何故か自分の素性を明かそうとはしなかった。
 職場に行けば解雇された元上司が嫌がらせをするし、マンションでは相変わらずトラブルが発生する――謎の隣人ヒーローとの仲が少しずつ親密になっていくにつれ、ヒロインの周辺で事件が相次いで起こるようになっていった。
 レーベルがハーレクインテンプテーション(*都会的な恋をセクシーに描いたシリーズ)なので、HOTでお洒落な感じかと思いきや~ちょっぴりコメディ&サスペンスタッチな作品でした(⇒このレーベルは表紙が色っぽいので、借りる時にちょっと恥ずかしいですね)。
 ちょいとネタバレなのですが……この作品が出版された1996年当時はまだ「ストーカー」という言葉が日本では一般的でなかったからか、犯人が「色情狂」と訳されていたため読んでいる最中に《?》と思うことがありました。
《明るいオバちゃんキャラのヒロイン+謎めいたハンサムヒーロー+事件=面白い展開》という相乗効果がバッチリ決まった作品でした。借りているハーレクイン本に載っている「新刊予告」を見ながら蔵書を調べ予約するのですが、初見の作家さんやレーベル、シリーズを借りてみるのも良いですね。
 まだまだテンプテーションレーベルの蔵書が図書館にあるので、他作家さんの作品も借りてみたいと思います。

171216_204659.jpg
*残念ながらRenta!サイトには扱いがありませんでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)