FC2ブログ

「記憶を返して」とヘレン・ビアンチン

 誰にとって都合が良いのか、わからない。

「記憶を返して」
 平昌オリンピックが開幕しました。昨晩はジャンプ男子ノーマルヒルの最後まで見ていたら……日にちが変更していました。誰にとって都合の良い時間帯なのか、選手ではないことだけは確かですよね(⇒コンディションも最悪で、条件がその都度変化していたり~不平等な条件で試合を強いられる選手の皆さんが気の毒でした)。寒いのに雪は人工だし(⇒開催国なのに韓国選手の活躍はショートトラックだけか!? あまりウィンタースポーツは盛んではないような???)、大会前から色々あったし、無事に全試合がおこなわれるよう願っております。日本選手の皆さん、頑張ってくださいね!!!
 今回の作品は2017年12月1日刊として再版されています。本屋さんでちょろりと中身を確認してから図書館でかりるという……ハーパーコリンズさんには旨味のない読者です。
 ヒロインは交通事故のショックで記憶喪失になってしまった。見舞に来た夫だと名乗るヒーローは、若くして成功した実業家らしい。背が高く、ハンサムで、圧倒的な魅力を放つこの男性が夫で、しかも自分は彼の子供を妊娠している――何も思い出せないヒロインには不安しか感じられなかった。
 ヒロインが退院すると、多忙にも関わらずヒーローは付っきりで看病をしてくれた。決して無理強いすることなく、優しく温かなヒーローの態度に、ヒロインも心を開き始めていた。だがある日、ファッション雑誌をペラペラとめくっている時、ある一人のモデルが目に留まった。そして、ヒロインは全てを思い出したのだった。
 ネタバレですがハーレクインでお馴染みの契約結婚です。都合の悪い部分をヒロインがすっぽり忘れてくれたので、ヒロインに一目ぼれしたヒーローが自分の都合の良い方向へと主導していく……途中までヒーローの思惑通りことが進むのですが、ヒロインの記憶が戻ってしまうとそうにもいかない。
 そして、意地悪なライバルまで現れて、ヒロインの感情はぐっちゃぐちゃになります。このライバルの毒が程よく効いて、楽しいこと楽しいこと♪ 久々にこういうキャラが活躍しているので、もっと頑張れ~と声援を送りたくなりました(⇒モデル=美人でスタイル抜群で悪女というわかりやすい設定)。

記憶を返して

記憶を返して

[著]ヘレン・ビアンチン [翻訳]中原もえ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)