FC2ブログ

「薔薇のためいき」とレベッカ・ウィンターズ

 まさかの関連作。

「薔薇のためいき」
 先週は子供の引っ越しで上京し、3連休は後片づけで終わってしまいました。1人暮らしの荷物はさほど多くなかったものの、引っ越し終了とともに子供がダウン。胃腸炎を伴う風邪だったらしく、予定のない私はそのままズルズルと子供の新居で看病することになりました(⇒たまには母親らしいこともしてあげないとね)。
 今回の作品はサスペンスタッチの物語です。夫を亡くした弁護士ヒロインは少々過保護な両親の元に戻らず、新天地サンディエゴで弁護士事務所を構えた。新たな気持ちで仕事を始め、女性保護団体のボランティアもしている。
 だが、思わぬミスから自動車事故を起こしてしまい、高級外車を傷つけてしまう。高級外車を運転していたのはハンサムなロシア人男性で、ヒロインは一目見るなり彼に魅了されてしまった。
 だが、最近アメリカではロシア人マフィアによる犯罪が増えている。移民や帰化を扱う仕事もしているヒロインには、彼も怪しい存在だと思えた。
 実はこのロシア人男性はロシア人マフィアの悪行を暴くため、潜入捜査中のFBI捜査官ヒーローだった。保険金目当ての事故を起こそうと待機している最中にヒロインの自動車がぶつかってきたため、ヒーローはヒロインを殺し屋ではないかと勘違いしてしまう。
 ヒーロー&ヒロインは相手の素性を勘違いしたまま、お互いに惹かれ合う気持ちを留めることができないでいた。
 きっと本人は真剣だと思うのですが、ヒーローの勘違いっぷりが面白くて、面白くて!
 見るもの聞くこと、全てが怪しい=ヒロインはマフィアの手先と、どうしてそこまで思い込んでしまうのかが逆に謎でした。
 夫を亡くしたヒロインに降って湧いたような恋愛、しかも相手は超ハンサムなロシア人!(⇒ロシア語訛りの発音がセクシーらしい)
 優しいし、(花屋でアルバイトをしているので)薔薇の花束まで贈ってくれる……まるでロマンス小説のようなシチュエーションにヒロインは完全にノックアウトされてしまいます。
 ヒーロー&ヒロイン各々の場面でのすれ違いが可笑しくて、これはコメディなのかと思えました(笑)
 ちなみにこの作品に登場するヒーロー友人が、「紅薔薇と白雪姫」のヒーローでした。残念ながらこの作品はRenta!サイトではコミックしか扱っていませんでした。
 
薔薇のためいき 薔薇色の疑惑 I

薔薇のためいき 薔薇色の疑惑 I

[著]森素子 [原作]レベッカ・ウインターズ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)